比較情報

消費者金融の提供会社にはいくつか種類がありそれぞれメリットやデメリットがあります。

消費者金融業界をよく知らない人は、どんな提供会社があるのかよくわかっていないことがあります。そこでタイプ別の消費者金融提供会社について解説してみましょう。消費者金融業界には、もともとはノンバンクといわれる消費者金融会社がキャッシング業務を行っていました。また、他には信販系のキャッシング会社もあって、これらの提供会社は、個人にお金を貸すという意味においては、同じような役割を担ってきました。
そこで登場してきたのが銀行です。銀行は、消費者金融業者に出資をしたり、自ら営業をするようになり、銀行系のキャッシング提供会社もたくさん出てくるようになりました。
消費者金融系のキャッシング提供会社は、古くから営業をしてきましたので、個人の与信のノウハウや貸し出しや回収のやり方などにも慣れているため、利用者側にとっては安心感があります。さらに即日審査、即日融資といったスピードを重視したやり方も、利用者に好評を得ているようです。そのため、他のキャッシングの提供会社も同じようなサービスを出しています。ただ、金利に関しては他の提供会社よりも高めに出る傾向があります。
信販会社系のキャッシング提供会社は、もともとモノを媒介とし、商品の後払いを基本として営業をしてきました。そして、クレジットカードのように、ショッピングの機能とキャッシングの機能を一緒にしたものをサービスとして提供してきました。信販会社系の場合は、モノを買うときにお金を借りているようなものであると考えてください。もちろん、キャッシング専用のカードも発行しており、専用カードのほうが金利も低く利用限度額も高くなっていることがほとんどです。
銀行系のキャッシング提供会社は、業界では後発組みではありますが、資金力や銀行というブランドがあるため、安心感が一番のメリットであると考えられます。そして、金利に関しても当然ですが、他の提供会社よりも低いところがほとんどです。銀行系の場合は、貸金業法が適用されないので、総量規制が適用されることはありません。ただ、審査に関しては他の提供会社の審査よりも厳しくなっています。年収の多さではなく、返済履歴や会社の属性などもう少し違った視点での審査が行われることがあるからです。
このように消費者金融でもそれぞれにメリットやデメリットがあり、よく知った上で利用するようにしてください。