比較情報

銀行カードローンといえば、三井住友銀行カードローンですが、他の消費者金融にはないメリットがたくさんあります。

銀行カードローンの王道といえば、三井住友銀行カードローンです。緑色のマークがとても清清しい印象を与えてくれます。銀行カードローンだけあって、金利も低く設定されています。最低借入利率は4%、最大借入利率も14.5%と消費者金融のキャッシングと比べるとはるかに低い設定になっています。
三井住友銀行カードローンは、消費者金融系のキャッシングではないので、貸金業法の総量規制の対象外になっています。つまり、年収の3分の1以上の借り入れはできないといった規制にかからないため、年収が低いからもしかしたら無理かなとか、すでにキャッシングをしていて審査に通るか不安だといった人でも問題なく申し込みができます。
消費者金融と同じように三井住友銀行のカードローンも、即日審査、即日融資に対応しています。最短では30分といったスピードキャッシングもできるようですが、金利の低さや利用限度額の多さからすると、審査は消費者金融系の会社と比べても厳しく行われています。
三井住友銀行では、通常の銀行業務も行っています。もし、三井住友銀行で住宅ローンを利用しているなら、キャッシングは、必ず三井住友銀行カードローンにすべきです。それはなぜかといいますと、一定条件を満たせば、キャッシングの借入利率が引き下げになることがあるからです。いつも使っている給与口座が三井住友銀行でなおかつ住宅ローンを利用していれば、相当なメリットが出てきます。いつも使っている銀行で簡単に返済もできます。給与口座と返済口座が一つになっていれば、入金をし忘れていたということもありませんし、わざわざ現金を引き出してから、またATMで返済するといった面倒なことをしなくてもよくなります。この点は消費者金融に比べると、大きなメリットだといえるでしょう。
三井住友銀行カードローンにも、カードローン契約機があり、店舗や専用機でも同様にカードローンの申し込みができるようになっています。
こうして考えると、三井住友銀行カードローンは、すでに給与口座を設定していたり、住宅ローンを利用している人が、キャッシングをしたいと思ったときには最初に選ぶべき会社になります。よく知らないで他の消費者金融でキャッシングの申し込みをしてしまった人は、借り換えを検討してみて、もしメリットがあるなら三井住友銀行カードローンに借り換えをすればいいでしょう。